詳細を確認する

診断障害年金はどれくらいの傷病なら対象になるのか疑問を感じている人は多いです。大きく分けて精神の障害・肢体の障害・内臓疾患・眼・耳・鼻・口の障害などがありますが、さらに細かい様々な病気・怪我・障害に対応している年金です。多くの症状が該当しますので、自分自身が患っている病気・怪我・障害が当てはまる可能性があります。基準に当てはまり受給資格があるのにも関わらず、申請しないで年金を受け取っていない人も多いので、面倒だと思わずに判定基準に該当するのであれば必ず申請するべきです。

もし詳しいことが分からない場合は自分ひとりで悩むのではなくて、日本年金機構に問い合わせをするようにしてください。日本年金機構は65歳以上がもらえる一般的な年金以外にも、障害年金も対応をしているので、専門の知識がある日本年金機構のスタッフが親身になって対応をしています

自分の病気や怪我や障害が傷病の対象になると分かっていても、どのように手続きをすれば良いかを分からない人も多いです。そして申請しないで年金を受け取らない人もいるので、そうならないためにも、分からないことがあれば日本年金機構に問い合わせをして、手続きをするようにしてください。

{ Comments are closed }

等級について

診断障害年金は障害等級で年金の判定基準が変わってきます。自分の病気や怪我や障害がどの等級に当てはまるのかを理解しておきましょう。障害等級の1級は自分自身で身の回りのことはできるが、それ以上の活動が出来ない人が障害等級の1級となります。1級に認定された人は活動の範囲はベッド周辺に限られてしまい、他人の介助を受けなければ自分の身の回りのことができない程度の基準となります

等級の2級は、他の人の助けを借りる必要が必ずしもあるわけではないが、日常の生活を自分自身で全てやろうとするととても困難な状態の人です。また、自分自身で働いて収入を得ることができない程度の障害を持っている人は2級に認定されます。等級の3級は、自分自身で働くことに対して著しい制限を受けることや、労働に著しい制限を加えなければ働くことができない程度の人は3級になります。

1級、2級、3級と基準が分けられていて、この等級に当てはまる病気、怪我、障害を持っている人は等級の判定基準に従って支給される年金の金額が変わってきます。さらに年金ではありませんが、傷病が治っても働くときに労働が制限をされてしまうか制限をしなければいけない状況の人は障害手当金を受け取ることができます。

{ Comments are closed }

傷病の対象とは

障害というと先天性の障害や手や足を切断してしまう肢体の障害をイメージされる人も多いですが、障害年金の対象はとても幅が広いです。人工透析や癌やうつ病やアルツハイマー、パーキンソン病など、様々な傷病が対象となっているので、自分には関係ないと思わないで、どのような症状であれば障害年金の対象になるのかを自分自身で確認することをおすすめします。今の時代は圧倒的に精神障害で年金を貰っている人が多く、次に知的障害、脳血管疾患と続いています。

松葉づえ精神の障害を患う人が増えてきていて、とくにうつ病で仕事や生活に支障が出ている人が多いです。うつ病というのは最悪自殺に追い込まれてしまう恐ろしい病気なので、うつ病と判断された人の多くが障害年金をもらいながら治療をしています。そのほかにも脳卒中、脳梗塞、上肢・下肢の離断または切断などの肢体の障害も申請している人が多いです。

この他に内臓疾患、眼・耳・鼻・口の障害などの症状でも障害年金の受給資格に該当する可能性があります。今は本当に多くの病気や怪我や障害で年金をもらうことができるので、面倒だと思わずに諦めないで申請するようにしてください。もし自分で分からないことがあれば専門家に相談をしてみることをおすすめします。

{ Comments are closed }

障害年金と傷病の関係

車椅子様々な年金制度がある中で健康な人であれば縁のない障害年金について理解が乏しい人も多いのではないでしょうか。一般的に年金と言えば65歳から受け取ることができる老齢基礎年金が知られていますが、病気や怪我を負ってしまい普段の生活や仕事が制限されるような状況になってしまったときに、20歳以上であれば受け取ることができる可能性があるのが障害年金です。あらゆる病気や怪我が受給対象となっているので、万が一仕事や生活に支障が出るような状態になってしまったら、自分には関係ないと思わずに積極的に年金をもらうための申請をすることが重要になってきます。しかし、20歳前に障害があった場合、20歳前が初診日であり、年金制度に加入していなかった場合は傷病での請求になります

20歳前に障害の初診日があり、何の年金制度にも加入されていなかった場合は、障害基礎年金を請求することができます。

ただ障害年金は細かい受給資格があり、全てに当てはまって初めて審査に通過して受給してもらうことができます。また障害の種類と等級の程度によっても受け取ることができる障害年金の金額も変わってくることを理解しておきましょう。そうすることで自分がどのような障害の種類でどの等級だからこれくらいの年金を受給してもらうことができると判断することができます。

受給できる資格があるのにも関わらず内容を理解していなかったり、手続きが面倒だと後回しにしていたりする人は多く存在します。障害年金の制度自体知られていない現状だからこそ、病気や怪我で仕事や生活が不便な人ほど、受給しなければいけない年金なのです。この年金の制度を理解することができれば、自分自身でしっかりと書類をそろえることができて、難しいことはなくスムーズに手続きをすることもできるようになります。当サイトでは障害年金について解説しています。障害年金はどれくらいの傷病なら対象となるのかを理解しましょう。

{ Comments are closed }