車椅子様々な年金制度がある中で健康な人であれば縁のない障害年金について理解が乏しい人も多いのではないでしょうか。一般的に年金と言えば65歳から受け取ることができる老齢基礎年金が知られていますが、病気や怪我を負ってしまい普段の生活や仕事が制限されるような状況になってしまったときに、20歳以上であれば受け取ることができる可能性があるのが障害年金です。あらゆる病気や怪我が受給対象となっているので、万が一仕事や生活に支障が出るような状態になってしまったら、自分には関係ないと思わずに積極的に年金をもらうための申請をすることが重要になってきます。しかし、20歳前に障害があった場合、20歳前が初診日であり、年金制度に加入していなかった場合は傷病での請求になります

20歳前に障害の初診日があり、何の年金制度にも加入されていなかった場合は、障害基礎年金を請求することができます。

ただ障害年金は細かい受給資格があり、全てに当てはまって初めて審査に通過して受給してもらうことができます。また障害の種類と等級の程度によっても受け取ることができる障害年金の金額も変わってくることを理解しておきましょう。そうすることで自分がどのような障害の種類でどの等級だからこれくらいの年金を受給してもらうことができると判断することができます。

受給できる資格があるのにも関わらず内容を理解していなかったり、手続きが面倒だと後回しにしていたりする人は多く存在します。障害年金の制度自体知られていない現状だからこそ、病気や怪我で仕事や生活が不便な人ほど、受給しなければいけない年金なのです。この年金の制度を理解することができれば、自分自身でしっかりと書類をそろえることができて、難しいことはなくスムーズに手続きをすることもできるようになります。当サイトでは障害年金について解説しています。障害年金はどれくらいの傷病なら対象となるのかを理解しましょう。

Pocket