診断障害年金はどれくらいの傷病なら対象になるのか疑問を感じている人は多いです。大きく分けて精神の障害・肢体の障害・内臓疾患・眼・耳・鼻・口の障害などがありますが、さらに細かい様々な病気・怪我・障害に対応している年金です。多くの症状が該当しますので、自分自身が患っている病気・怪我・障害が当てはまる可能性があります。基準に当てはまり受給資格があるのにも関わらず、申請しないで年金を受け取っていない人も多いので、面倒だと思わずに判定基準に該当するのであれば必ず申請するべきです。

もし詳しいことが分からない場合は自分ひとりで悩むのではなくて、日本年金機構に問い合わせをするようにしてください。日本年金機構は65歳以上がもらえる一般的な年金以外にも、障害年金も対応をしているので、専門の知識がある日本年金機構のスタッフが親身になって対応をしています

自分の病気や怪我や障害が傷病の対象になると分かっていても、どのように手続きをすれば良いかを分からない人も多いです。そして申請しないで年金を受け取らない人もいるので、そうならないためにも、分からないことがあれば日本年金機構に問い合わせをして、手続きをするようにしてください。